BLOG & NEWS

SDサーフエポプレミアムのご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2018/10/02 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、【SDサーフエポプレミアム】を紹介します!

 

SDサーフエポプレミアムのご紹介

~戸建てサイディングの塗り替えに新提案~

1

 

 

劣化した戸建てサイディングの外壁を美しくリフレッシュ!

サイディングボードに塗装された塗膜も、時間の経過とともに劣化が進み、変退色やチョーキング、汚れ、剥がれなど、様々な症状が発生します。そのままの状態で放置すると、劣化部分より雨水が浸入し、基材自体の劣化を進行させることから、サイディングボードにも塗り替えが必要です。
水性SDサーフエポプレミアム、マイルドSDサーフエポプレミアムは、シーラー機能と中塗り機能を兼ね備えた微弾性サーフェーサーであり、表面塗装の劣化したサイディングボードに対し、強固に付着し、サイディングボードを保護すると共に、上塗り塗装後の美しい仕上げを提供します。サイディングの劣化状態、環境条件
により水性、弱溶剤タイプを選択することができます。
2
~通常劣化の場合の塗り替えに~

水性SDサーフエポプレミアム

水性SDサーフエポプレミアムは、独自のコア・シェル技術により合成した水性反応硬化形特殊エポキシ樹脂を用いることで、強靭な塗膜と旧塗膜への付着性を高めた一液水性の微弾性サーフェーサーです。
シーラーを用いた工法に比べ、抜群の隠ぺい性、かぶり性があり、サイディングの吸いこみむらを防止し、美しい仕上げを提供します。

水性SDサーフエポプレミアムのコア-シェル技術

3

 

~より劣化が進んだサイディング等の塗り替えに~

マイルドSDサーフエポプレミアム

マイルドSDサーフエポプレミアムは特殊変性エポキシ樹脂をベースとした一液弱溶剤系の微弾性サーフェーサーです。より劣化が進んだサイディング板等に対し、可溶型ポリマーが浸透し、硬化することで優れた補強効果を発揮します。水性SDサーフエポプレミアム同様、美しい仕上げを提供します。

 

マイルドSDサーフエポプレミアムの含浸-架橋メカニズム

 4

 

 

【塗り替えの目安】・・・

このような症状が現れたら塗り替えの目安です。

 5

 

 

水性/マイルドSDサーフエポプレミアムの特長

●優れた仕上がり性・・・

サイディング表面の劣化を調整し、上塗りの滑らかさを際立たせ、光沢のある美しい仕上げを提供します。

⇒塗膜表面のヘアクラックなどが埋まり、滑らかな仕上がりを、また上塗りの滑らかさを際立たせ、光沢のある美しい仕上げを提供します。

6

 

●幅広い付着適用性・・・

一液架橋の特殊エポキシ樹脂が、サイディングの旧塗膜に対して強固に付着するため、各種サイディングの塗り替えに最適です。

⇒各種さいで旧塗膜への付着性試験(水性SDサーフエポプレミアムを用いた試験結果)

 7

※基盤目25マスのうち残存しているマスの数を記載。密着良好:25/25⇔0/25:密着不良

【試験方法】

温冷繰返し試験(水浸漬18時間⇒-20℃ 3時間⇒50℃
3時間を1サイクル)を10サイクル実施後、JIS K 5600 5.6(クロスカット法)に準拠
(結果は25マスでの密着評価)
●可とう性・・・
強靭な架橋塗膜は可とう性を有し、JIS A 6909の可とう性試験の性能を満足します。
⇒ひび割れにくい!
8
【試験方法】
JIS A 6909 7.25 可とう性試験に準拠
亜鉛鉄板に標準仕様に準じて塗装し、温度23±2℃、湿度:50±5%の試験室にて14日間静置した試験体の裏面中央に直径10mmの鋼俸を当て、塗付け面を外側にして90℃折り曲げた後、表面のひび割れの有無を確認
●幅広い用途・・・
旧塗膜の塗り替え(コンクリート・セメントモルタル・ALC等の下地)にもご使用いただけます。
⇒サイディング以外にも使用可!
※ただし、薄塗り仕上げのみとなります。
9
●防かび・防藻性・・・
上塗りだけでなく、下塗り(水性/マイルドSDサーフエポプレミアム)にも特使設計を行い、微生物汚染への抵抗性を発揮します。
⇒微生物を寄せ付けない!
10
●塗装作業性・・・
一液タイプで取りいしやすく、良好な作業適正を示します。
⇒1液でラクちん!ダレにくい!!
●安全性・・・
水性のため、火災や有機溶剤中毒の心配がなく、安心して使用できます。(水性SDサーフエポプレミアム)
⇒低臭で安心!

 

 


 

SDサーフエポプレミアム】は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ