BLOG & NEWS

シャネツトップワンSi-JYの紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2019/03/11 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、【シャネツトップワンSi-JY】を紹介します!

シャネツトップワンSi-JYのご紹介

シャネツトップワンSi-JY

→下塗材が不要の金属屋根用遮熱と用。材料費と工事費を削減します。

1

 

工期短縮

→下塗材が不要で工期の短縮化&諸費用の削減に貢献します。

一般的な塗装工事では下塗り1回+上塗り2回の計3工程が必要です。シャネツトップワンSi-JYは錆止め兼用の上塗材であるため、上塗り2回で工事を完了することができ、下塗り分の材料費と工期を削減することができます。

2

 

遮熱性

→遮熱性を持つ塗料のため、室内の温度上昇を抑えます。(※)

シャネツトップワンSi-JYは特殊無機顔料の使用により、温度上昇の主要因となる近赤外線を効果的に反射します。※建物構造、工場内設備によって温度変化の程度に差がでます。

◆遮熱性比較◆

●物件データ
●所在地:福岡県春日市不動産事務所
●色:8113トゥルーホワイト
●施工日:2016年6月29日
●外気温:33.3℃
3

耐候性

→期待耐用年数13~16年。高い耐候性で屋根を長期間保護します。

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、4000時間経過後も光沢保持率80%以上を保持。(期待耐用年数13~16年相当)塗膜の最大の劣化要因である、紫外線に曝されても長期間劣化しない、耐候性を発揮します。

 4

 採用実績

5

 

 

 

実際に塗られたお客様の声

空調設備がない過酷な環境の倉庫の遮熱塗装で従業員満足度向上

株式会社アサヒ商会(代表取締役社長 広瀬様)6         7

2階部分が非常に暑く、従業員も熱中症になりかねない状態でした。会社の環境を良くするという点と、老朽化していた雨漏り防止も含め、何か対策を探していました。塗装した後初めて倉庫に入ってびっくりしました。今日は暑くないのかなと感じたのが第一印象でした。従来暑くて、休み休み体を冷やさないと仕事できなかった環境が、大幅に改善されて中できちんと働けるようになり、一年前との違いを実感しています。今年はきちんと可動できているので売上につながっています。

 

 

雨漏り問題を塗装で解決。遮熱で省エネを図りました。

旭化成バックス株式会社(越須賀様)    8         9

雨漏れが起こっており、遮熱防水という形の塗料をインターネットで探していたところ、アステックペイントを知りました。遮熱性や防水性でアステックさんが一番だと思い、今回採用しました。温度もあきらかに変わっています。室内温度は5度以上は下がっていると思います。以前より涼しくなったという意見も出ていますね。今回、またこの震災後のこの省エネ対策や、工場の環境を整える意味でも、遮熱塗料とし省エネを図りたいと思いました。満足しています。

 

 


 

シャネツトップワンSi-JY】は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ