BLOG & NEWS

ヒートアイランド対応『ヒルムA』ご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/07/10 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、ヒートアイランド対応。水性路面用遮熱塗材『ヒルムA』を紹介します!

ヒートアイランド対応。水性路面用遮熱塗材『ヒルムA』のご紹介です。

ヒートアイランド対応 水性路面用遮熱塗材
H I R M   A  ヒ ル ム A

夏期の路面温度上昇を約10℃~15℃抑制します。

★こんな所で活躍します★
ヒルムAは、ヒートアイランド現象を抑制する手段の一つとして開発した、地球環境にやさしく、作業性に
優れた水性路面用遮熱塗材です。 

ヒートアイランド現象とは? 

 都市部の気温はアスファルト舗装、ビルの輻射熱、ビルの冷房排気熱、車の排気熱などによって夏期になると、周辺地域よりも温度が著しく高くなります。等温線を描くと都市部が島の形に似ていることからヒートアイランド現象と呼称します。日蔭の無い遊園地などで熱中症を引き起こしたり、必要以上のエアコン電力を消費したり、特に都市部における熱帯夜の原因ともなります。

ヒートアイランド現象の主な要因

●地表面被覆の人工化●
・緑地、水面、農地の減少による蒸散効果減。
・塗装面、建築物(アスファルト、コンクリート面等)の増大による、輻射熱の増大、日射反射率の低下

●人工排気熱の増加●
・建物(オフィス、住宅等)からの排熱。
・工事等事業活動による排熱。
・自動車からの排熱。

●都市形態の変化●
・都市形態の変化による弱風化。
・都市を冷やすスポット(大規模な緑地や水面)の減少。

地球温暖化の進行に伴い、深刻化しつつある都市部の温度上昇「ヒートアイランド現象」の抑制を目的とした
路面遮熱塗装材を開発しました。アスファルト塗装の塗面温度が60℃に達したとき太陽光(可視光線・赤外線)
を高反射して舗装路面の熱吸収を防ぎ、10℃以上の温度上昇抑制を行います。 
図

性能比較【温度性能表】

①未塗装面とヒルムA各色の表面温度差比較
 
未塗装面とヒルムA各色の表面塗装で10~15℃の温度差が期待できます。
図1

②熱エネルギー量の低減効果
 未塗装面とヒルムAアスファルト色(N-5近似色)塗装面の夏期晴天日における蓄熱エネルギー量を比較した
 結果、ヒルムAを施工することにより、約30%路面の蓄熱エネルギーを低減することができます。
図2 図3


 

水性路面用遮熱塗材『ヒルムA』は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ