BLOG & NEWS

打放しコンクリート保護システム|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/07/23 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、打放しコンクリート保護システム『キクスイSA工法』を紹介します!

打放しコンクリート保護システム『キクスイSA工法』のご紹介です。

打放しコンクリート保護システム
キ ク ス イ S A 工 法 

コンクリートの素材感・質感をそのままに・・・

キクスイSA工法は、コンクリートの持つ素材感、質感を生かしながら更に高耐久なクリヤー仕上により酸性雨、中性化などの劣化原因からコンクリート構造物を保護する目的で開発された完全水系塗装システムです。水性シラン系浸透性吸水防止剤『アクアベール500』で水分の侵入を防止。更にアクリルシリコンを組み合わせた水性シリコン系クリヤー『アクアベール1000・1500』又は水性ふっ素系クリヤー『アクアベル3000・3500』との複合塗膜によりコンクリートの質感を損なわずに耐久性を向上させる工法です。

 打放しコンクリート仕上げの変遷

●シリコン系防水撥水剤の塗布●
目的・・・コンクリートの防水性付与など
     コンクリートの躯体保護

課題・・・施工初期の下地濡れ色の問題
     施工後の汚染問題

●シラン系防水撥水剤への移行●
目的・・・シリコーン系材料よりも躯体への浸透性を高めた防水性などのコンクリート躯体保護、仕上り性改善

課題・・・防水効果の性能は確保
     ガス透過性が大きく、躯体の中性化に効果を発揮しない躯体保護に疑問

●樹脂系クリヤーの塗布(カラークリヤーとして使用)●
目的・・・シラン系防水材と溶剤系アクリルシリコ―ン樹脂または溶剤系フッ素樹脂との組み合わせによるコン
       クリートの保護
     高耐候性仕上工法の提案

課題・・・性能面について多く実績あり
     仕上がりの濡れ性に問題発生

●完全水系工法SA工法の提供●
水性シラン系防水材剤と水性シリコーン系又は水性ふっ素系クリヤー樹脂との複合による完全水系の躯体保護、高耐候性仕上げで下地補修個所の柄合わせ(アート技法)との併用による下地から仕上げまでの一貫システム工法

●コンクリートの質感を損なわない仕上げの提供
●環境、住民、施工者に優しい完全水系の材料
●コンクリートを苛酷な環境から保護する優れた塗膜性能 

コンセプト

コンクリートの保護と再生

コンクリートの質感を美しく保ち、保護する。
劣化したコンクリートを美しく再生する。
SA工法は、新築時も改修時も、下地から仕上げまで洗練された打放しの仕上げを提供します。

仕上がりの良い打放しコンクリート、素地を活かしたい・・・
■高耐候・低汚染クリヤー保護

全面的に色の補正を行いたい・・・
■ファンデーション工法

改修時の劣化補修、不具合調整は・・・
■グラデーション工法

経年劣化などで全体的に痛んだコンクリートには・・・
劣化部の補修、不具合の調整と全体の色調の補正
■ファンデーション+グラデーション工法 

状態別作業工程

図33

促進耐候性試験

図34 

前後23 

BA23


 

 

『キクスイSA工法』は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ