BLOG & NEWS

最高級の単層弾性塗料の紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/06/10 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、耐候性に優れた塗料を紹介します!

最高級の単層弾性塗料(DANシリコンセラ)のご紹介です

 

頭

 

耐久17 最先端のセラミックハイブリッドシリコン技術が、従来の塗料には無い
 高い耐久性を実現します。

 

試験17

劣化促進機「ウェザーメーター(キセノンランプ)」の照射時間に対する光沢の保持率により
耐候性の分類をしています。光沢保持率80%以上が2500時間以上のものを「耐候形1種」、
1200時間以上ものを「耐候形2種」、600時間以上のものを「耐候形3種」としています。
DANシリコンセラは「耐候形1種」に相当する結果を示し、特に耐候性にすぐれた塗料といえます。

図17

 

弾性17

 弾力性がモルタル壁などのヘアークラックに追従するのでひび割れを防ぎ
 雨水の浸入から建物をまもり、耐久性を持続くさせます。

伸び17

専用の実験装置を用いて塗膜を引っ張り、伸張性を測定します。
DANシリコンセラRでは、室温20℃の場合の伸び率が400%(JIS A 6909
規格…120%以上)、-10℃の場合でも伸び率が32%(同…20%以上)と、
高い伸び率を示しています。

前後17

 

汚染17絵17

 

 

 屋外にて塗板を暴露し、雨筋状のよごれのつく程度を目視
 により測定します。試験開始6ヶ月後では、従来型塗料と比
 べて雨筋状のよごれは少ないことがわかります。

 ■低汚染のメカニズム
 雨垂れによる汚染などを防止するためには、塗膜表面が水
 に馴染むような性質であることが重要です。カーボンなどの
 汚染物質には油の性質があり、塗膜表面も水をはじくよう
 な油の性質(親油性)を持っていると、汚染物質が表面に
 付着しやすくなります。しかし塗膜表面に水に馴染むよう
 な性質(親水性)があると、油の性質の汚染物質は付着し
 にくく、降雨時の雨水が汚染物質を一緒に流してしまします。

 

防17

 

 

試料となる塗膜と培養した菌類をシャーレ皿の中に入れ、一定条件・期間培養し、試料の表面に生じた
菌糸の発育状態を肉眼で調べます。試料に菌糸の発育が認められなければ「0」、菌糸が認められるが
発育部分が全面積の1/3を超えなければ「1」、菌糸の発育部分が全面積の1/3を超えると「2」とすると、
DANシリコンセラは最も防かび性の高い「0」と判断できます。

かび17

浸透17

 

 

  この規格では、標準の塗膜状態で100g/㎡・24h以上の浸湿性があることとしていますが、
  DANシリコンセラは120g/㎡・24hの数値を示しています。

  ■浸湿性のメカニズム
  DANシリコンセラの塗膜には無数の微細な空隙があり、その空隙より小さい水蒸気は塗膜を
  通過することができますが、空隙より大きい水滴は空隙を通過できません。

防水17


最高級の単層弾性塗料(DANシリコンセラ)の施工は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ