BLOG & NEWS

WB弱溶剤系遮熱仕上工法 のご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム 

2015/09/04 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、【WB弱溶剤系遮熱仕上工法】を紹介します!

窯業系サイディング改修工法より【WB弱溶剤系遮熱仕上工法】のご紹介です。

 WB弱溶剤系遮熱仕上工法

工期短縮可能な弱溶剤形1液アクリルシリコン樹脂塗料を使用する遮熱仕上工法です。

baria2

幅広い塗装条件で工期短縮可能な自己架橋1液形弱溶剤塗料を使用する遮熱仕上工法です。

 

特 長

 1.遮熱性
 
近赤外線反射性能に優れた塗膜は、外壁の温度上昇を抑制し、塗膜とサイディングボードの劣化を低減します。
 
2.高耐候性
 
自己架橋による強靭な塗膜は、紫外線、酸性雨などに対して優れた抵抗性を示します。
 
3.低汚染性
 
セラミック配合により、低帯電性の汚れにくい塗膜を形成します。
 
4.弱溶剤
 
弱溶剤タイプなので、強溶剤タイプに比べ既存塗膜を溶解、リフティングさせる心配が少なく、また臭気が柔らかいので安心して使用できます。
 
5.工期短縮
 
付着力の高い塗膜は、下塗材を省略できるため工程を短縮できます。
 
6.防かび性・防藻性
 
微生物(かび・藻など)の繁殖を防ぎ長期間美観を保ちます。
 
 

溶剤促進04

 


 

【WB弱溶剤系遮熱仕上工法】は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ