BLOG & NEWS

路面遮熱塗材【ヒルム】のご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/10/13 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、【ヒルム】を紹介します!

路面遮熱塗材【ヒルム】のご紹介です。

 ヒルムとは・・・

地球温暖化の進行に伴い、深刻化しつつある都市部の温度上昇「ヒートアイランド現象」の抑制を目的とした路面遮熱塗材です。
二層の塗膜が、夏場の路面温度上昇を防ぐ効果があります。歩道や駐車場・ベランダなどの広範囲でお使いいただけます。
 

構  造

ヒルム構造13

■一層目

素地の下塗りとなる部分で、「反射機能の強化」あるいは「プライマー機能の追加」の2通りが選択できます。
反射機能の強化では、反射性顔料を多く配合することで、二層目用の塗膜を透過した太陽光(赤外線)を更にブロック。プライマー機能の付与では、高浸透性樹脂の併用により、素材への付着性強化が期待できます。また一層目と同様の中空顔料を配合することで、二層目の熱伝導抑制効果を強化されることも可能です。
 
※金属素材の場合は、適切な防錆プライマーが必要です。
 
■二層目
 
太陽光(赤外線)に直接触れる表面を形成する塗膜です。遮熱性顔料と赤外線透過型顔料の配合バランスにより、遮熱性能を向上させることができます。
また、中空顔料を配合することで、断熱性を付与させることができます。
 
 

路面温度

アスファルト舗装の路面が60℃に達したとき、ヒルム塗装面は太陽光(可視光線・赤外線)を高反射し、10℃以上の温度上昇抑制効果があります。
仮に、路面温度が60℃から50℃へと10℃低下すれば、動的安定性は約2倍程度向上するため、「わだち掘れ発生」を抑えます。結果、舗装面の耐久性向上、およびメンテナンス経費の削減効果が期待できます。
また遊歩道など人が通る箇所では、子供やペットなどの路面から近い対象であるほど、照り返し(軸遮熱)の影響を強く受けます。ヒルムを塗装することで、軸遮熱の影響を抑え、生活にやさしい環境づくりも可能となります。

 

排水・すべり抵抗性能

ヒルム塗装面は、未塗装の排水性舗装面と遜色ない排水性を有し、すべり抵抗値は、ポータブル・スキッドレンジスタンステスタ実験によって、未塗装面と同様のすべり抵抗値(BPN:歩道40以上・車道60以上)であることが、実験結果で確認されました。ヒルムは、未塗装面と同様の性能を維持しつつ、遮熱等の機能を付与させることが可能な塗料といえます。

hyuou

 


 

【ヒルム】は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ