BLOG & NEWS

トタン屋根用塗料「デュフロン4Fルーフ」|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/06/18 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は進化した究極のトタン屋根用塗料「デュフロン4Fルーフ」を紹介します!

進化した究極のトタン屋根用塗料「デュフロン4Fルーフ」のご紹介です。

進化した“究極のトタン屋根用塗料。”それが世界初『デュフロン4Fルーフ』

■驚くべき発想から生まれた『デュフロン4Fルーフ』 ー 紫外線などからの劣化に強い耐久性能のパワーア  
 プに成功!
 その結果、塗料の寿命が飛躍的に延び、メンテナンスコストも軽減。至れり尽くせりの、次世代塗料の登場で
 す。

1.「長期間保つ」
  強じんな塗膜・優れた密着性・高い滑雪性

 外壁面より高レベルな耐久性(強さ)と光沢(美しさ)を求められるのがトタン屋根用塗料。
 「長期間塗り替えの必要のない塗料はできないのか」というお客様の声に応えるべく、
 その満足を充たす塗料として研究開発されたのが『デュフロン4Fルーフ』です。
 『デュフロン4Fルーフ』は、」従来塗料と比べ耐候性や耐水性に優れた強じんな塗膜を
 形成するとともに、密着性にも優れるため、塗りたての美しい(初期光沢)を長期間保ちます。
 また、寒冷地での高い滑雪性を発揮するのも「デュフロン4Fルーフ」の強さです。
家2  表

YANE ■『デュフロン4Fルーフ』と従来塗料の比較

2.「熱/紫外線に強い」
 塗りたての美しさを保つ耐候性をパワーアップ」

 屋根に対する日射量は、もっとも日当たりのよい南側赤面と比較して2倍以上(年間平均)、
 特に日差しの強い夏は6倍以上に達し、しかもトタン屋根の場合は真夏で約50℃以上にもなります。
 またダメージを大きく与える紫外線も日射量に応じて多くなります。こうした過酷な条件を与える
 太陽光、時に紫外線から屋根を守るため、今まで誰もが成しえなかった「熱・紫外線に強い耐候性塗料」
 の開発に成功し、誕生したのが『デュフロン4Fルーフ』です。

 ■イオン溶出量から観た<塗膜耐久性>試験結果   

     表2    
    

3.「高い光沢感を維持する」
  塗りたての美しさが保たれる    

 光沢が優れた塗膜は、特に晴れた日などはきらきらとした外観を持ちます。しかし、光沢が薄れていくと
 塗膜の劣化が進行していき、白化や変色が生じるなど、塗膜の寿命を測る目安として光沢感の維持は重要
 な位置を占めています。一般的に、光沢は平らな面であるほど、鏡面に近くなり、光沢が増しますが、ざら
 ざらな表面であると、拡散反射が起こり、光沢度は低下します。従来のフッ素塗膜は、屈折率が小さく、光沢
 が出にくいものでしたが、『デュフロン4Fルーフ』の塗膜は特殊技術により高い光沢感を出すことに成功
 しました。また高耐候であることから、長期にわたり光沢を維持することができます。
 表3

  4.「キズがつきにくい」
    滑雪時に発生する“キズ”や“剥がれ”から強力ガード

 屋根に積もった雪が凍結し硬くなると、滑り落ちる際に塗膜を傷つけたり剥がしたりします。これらは
 トタンの大敵である「さび」の発生要因にもなるため、これまでの塗料ではこまめな塗り替えが必要と
 されてきました。『デュフロン4Fルーフ』の強じんな塗膜は、キズや塗膜の剥がれなどから屋根を守り、
 美しい外観を長期間保つため、塗り替え周期も大幅に延ばすことが可能となりました。

  ■塗膜剥離試験<塗膜強度比較>
  マイマス20度の環境下で氷から塗装した試験版を強制的に引き抜き、塗膜強度を測定。
  『デュフロン4Fルーフ』と従来の塗料との試験結果を比較。
          画像4

  比較
   デュフロン4Fルーフ    従来の屋根用塗装
 
傷が付きにくく剥がれにくい  傷や剥がれが目立つ

5.「基本カラー12色」
  個性を演出するカラーバリエーション

 『デュフロン4Fルーフ』は従来のトタン屋根用塗料と比べ、高い光沢感と塗膜の肉持ち感に優れ、
 高級感あふれる仕上がりを長く保ちます。また、ベーシックカラー12色からお好みの色をお選び
 いただけます。町並みの景観などに合わせ、「我が家の個性」を演出できます。           色見本


究極のトタン屋根用塗料は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

p;

ページトップへ