BLOG & NEWS

遮熱塗料【涼風】のご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/08/14 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、遮熱塗料【涼風】を紹介します!

遮熱塗料【涼風】のご紹介です。

NEW 涼 風  弱溶剤2液シリコン塗料

●弱溶剤シリコン樹脂塗料なので、下地旧塗膜を選びません。
 しかも、耐久性・耐候性に優れています。

●薄型化粧スレート、金属屋根、波形スレートの塗り替えに効果絶大です。

●ハケ、ローラー、吹付けのいずれでも塗装でき、作業性を確保

NEW 水性 涼 風  水系2液シリコン塗料

●水性シリコン樹脂塗料なので、下地旧塗膜を選びません。
 しかも、耐久性・耐候性に優れています。

●薄型化粧スレート、金属屋根、波形スレート、アスファルトシングルの塗り替えに効果絶大です。

●ハケ、ローラー、吹付けのいずれでも塗装でき作業性を確保。

遮熱塗料の効果と仕組み 

図19

太陽光の中にはいろいろな波長の光が含まれています。色を表す可視光から、目に見えない光、殺菌効果や日焼けの原因となる紫外線、熱に変換される赤外線などです。赤外線の効果は暖房器具や衣服などに応用され、皆様の周りで見かけることができると思います。
日中の太陽の光が白く見えるのは、上記の光が全て混ざっている状態だからです。例えば太陽光の下で、白いものが白く見えるということは太陽光を全て反射しており、青いものは太陽光の青以外の光を吸収し、青い波長の光を反射しているということです。黒色の場合は、通常太陽光の波長の全てを吸収していることになります。
通常の黒は可視光だけでなく、紫外線や赤外線を吸収しており、物体に吸収された赤外線は熱へと変化します。
このため太陽光の下に同じ材質の白いものと黒いものを同じ時間放置すると、黒いものの方が高温になるという結果が得られます。
涼風、水性涼風は、赤外領域の波長を効率的に反射させる機能性顔料を使用することにより、赤外線を吸収する従来の色と比較し遮熱効果を得る方法もありますが、耐候性の面で比較すると有機顔料よりも涼風に採用している機能性顔料の方が高耐候である結果が出ています。
図20

色14


 

遮熱塗料【涼風】は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

 

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ