BLOG & NEWS

鋼講造物用耐候性塗料のご紹介|福岡で塗装ならトラストホーム

2015/06/29 ブログ

こんにちは。福岡の塗装専門店トラストホームです。

今回は、鋼講造物用耐候性塗料『クリーンマイルドSTシリーズ』を紹介します!

鋼講造物用耐候性塗料『クリーンマイルドSTシリーズ』のご紹介です。

JIS K 5659認証取得
鋼構造物用耐候性塗料
ク リ ー ン マ イ ル ド® S T シ リ ー ズ

「クリーンマイルドSTシリーズ」は、JIS K 5659鋼構造物用耐候性塗料の認証を取得した製品です。
上塗り塗料には、1級.クリーンマイルドフッソST、2級.クリーンマイルドシリコンST、3級.クリーンマイルドウレタンSTをラインナップしており、要求に応じて使い分けることが可能です。
公共建築工事標準仕様書(建築工事編、18章塗装工事)と、公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編、7章塗装改修工事)の鉄鋼面、亜鉛めっき面の耐候性塗料塗り(DP)に該当する製品で、優れた耐候性を発揮します。クリーンマイルドSTシリーズ製品は、独自のセラミック複合技術により、超低汚染性を実現した製品であり長期にわたり美しい仕上げを維持することができます。
図15 

特長

■超 耐 久 性
架橋塗膜は、紫外線、湿気など、ポリマー劣化要因に対して優れた抵抗を示し、長期に亘り対象物を保護します。

■超 低 汚 染 性
セラミック複合の特殊技術によるトリプル効果(低帯電性・高い架橋密度・親水性)で、超低汚染性能を発揮します。

■防 か び ・ 防 藻 性 
特殊設計により、長期にわたってかびや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持します。

■資 産 価 値 の 向 上
汎用のアクリル樹脂系やポリウレタン樹脂系の塗料に比べて耐久性が高いため、ライフサイクルコストの低減と資産価値の向上につながります。

適用下地・・・鉄・亜鉛めっき・アルミニウム等

用途  ・・・鋼構造物(新築・改修)、一般建築物の鉄部

独自のセラミック技術 

図16
①塗料の状態         ②セラミック複合化     ③塗膜の完成
親水性のセラミック成分(無  セラミック成分が表面に配置  超低汚染・優れた耐久性の完成
機質成分)と有機質成分が複  される。
合している。

トリプル効果で超低汚染性をいかんなく発揮

    【低帯電性】       【高い架橋密度】        【親水性】
図17
①汚れが付着しにくい低帯電性 ②汚れが定着しにくい高い架橋密度 ③汚れが除去されやすい親水性
塗膜表面の静電気を低減させる 塗膜の架橋密度が高いことから塗膜 水となじみ(親水性)が向上し、汚染物
ことにより、汚染物質の付着を への汚染物質の定着を抑制します。 質の洗浄効果が現れ、汚れが落ちます
抑制します。

6か月暴露跡の表面状態(雨筋汚染試験)

クリーンマイルドSTシリーズは塗装初期と変わらない表面状態を維持しています。
     図18


 

鋼講造物用耐候性塗料は、トラストホームにお気軽にお問い合わせ下さい

福岡市内で外壁塗装なら、塗装専門店トラストホーム

お問い合わせ/無料お見積りはコチラから・・・

トラストホーム

フリーダイヤル

ページトップへ